FACTORY900とは


ブランドコンセプト

" THE FUTURES EYEWEAR "

新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造するアイウェア 。

ブランド概要

歴史と技術、そこに“革新的なデザイン”を。

FACTORY900 は、2000年にスタートした青山眼鏡株式会社の自社ブランドです。
ブランド名は眼鏡工業組合員番号の900番に由来した、工場番号900番の意。

青山眼鏡株式会社は、日本製のめがねの 95 %がつくられている福井・鯖江産地で、80年間3代にわたりプラスチックフレームを自社一貫生産にて作り続けてきた家族経営の小さな工場です。
その歴史の中で培われてきた絶えず新しいことにチャレンジする精神は、いつのころからか、世界でもここでしか作ることができないと言われる特殊なプラスチック造形技術を持つに至ります。
そして2000年、もっと新しいメガネを作りたいと ” THE FUTURES EYEWEAR “ というコンセプトをかかげ、現デザイナー青山嘉道を中心に自社ブランド FACTORY900(ファクトリーキュウヒャク)をスタートしました。
自社一貫生産に企画・デザインが加わり、ほぼ全ての行程を自社内でおこなっている数少ないファクトリーブランドとしての立ち位置を確立しました。

その独自の造形とアバンギャルドなデザインは、日本だけでなく世界でも高く評価されています。
国内では2002年から3年連続でアイウェアオブザイヤーを獲得。また海外でも、2013年と2015年にメガネ界のアカデミー賞といわれる Silmo d'Or (シルモドール)をフランス、パリにて獲得。ヨーロッパを中心にその名が広がりはじめています。

国内外で高い評価をいただきながらも、町工場としての精神を忘れることなく、職人の手で一本一本丁寧に仕上げていきます。

この工場で生まれたものこそが、“FACTORY900” なのです。

ブランドヒストリー

2000年FACTORY900 発表。東京国際展示会( IOFT )に出展。以後 2012年まで出展。
2006年フランス パリ国際展示会( SILMO )に出展。以後 毎年継続して出展。
2010年春のコレクション factory900 発表。
2013年IOFT を出て独自の展示会を東京のTABLOIDにてスタート。
ベルギーのアイウェアブランド Theo とコラボレーション。
2014年イタリア ミラノ国際展示会( MIDO )に出展。RETRO FUTURE BY 900発表。
アメリカ L.A. ビバリーヒルズにてEMMY AWARDS Secret Room Events に参加。
2015年2月にブランド初となる直営店 “ FACTORY900 TOKYO BASE “ を、東京、神宮前にオープン。
アパレルブランド ELZA WINKLER とコラボレーション。
2016年1月 岐阜県 BellO-Ottica 内に ” FACTORY900 GIFU BASE “ オープン。
3月 群馬県 HAMAYA 内に “ FACTORY900 GUNMA BASE “ オープン。

受賞履歴

2002年アイウェア・オブ・ザ・イヤー トレンド部門受賞 (東京国際展示会)
2003年アイウェア・オブ・ザ・イヤー メンズ部門受賞 (東京国際展示会)
2004年アイウェア・オブ・ザ・イヤー レディース部門グランプリ受賞 (東京国際展示会)
2008年県美展県知事賞受賞 (福井県県美展)
2012年Vアワード銀賞受賞 (香港国際展)
2013年シルモドール サングラス部門受賞 (パリ国際展示会)
2014年シルモドール フレーム部門ノミネート (パリ国際展示会)
Vアワード銀賞受賞 (香港国際展)
2015年シルモドール 審査員特別賞受賞 (パリ国際展示会)
2016年エーダッシュデザインアワード FUTURISTIC DESIGN部門受賞 (A' DESIGN AWARD)イタリア
ジャーマンデザインアワード スペシャルメンション受賞 (GERMAN DESIGN AWARD)ドイツ